デザイン関連

Webデザインを職業訓練で学ぶのはアリ?現役WEBデザイナー兼採用担当者が回答!

Webデザインを職業訓練で学ぶのはアリ?現役WEBデザイナー兼採用担当者が回答!

 

当記事では「WEBデザインを学ぶ上で、職業訓練はアリなのか」ということについて、実際に職業訓練を受けた方々に話を聞いたり、採用担当として評価した経験をもとに意見を述べていきます。

 

いきなりですが、結論はこちら。
ちゃんとした企業にWEBデザイナーとして就職・転職を目指すなら職業訓練はオススメはしません。
ただ、趣味としてWEBデザインを学びたいという感じならオススメ。

 

正直学ぶ時間に対して身につくスキルが浅く、採用したいと思う人材になりにくいよな...と激しく思うんです。
そこまでスキルアップを求めていなく、ただ浅くてもお金をもらいながら学びたいならいいと思いますよ!

 

ではなぜこのように思うのか、じゃあもういっそどの勉強方法がいいのか等をこれから説明していくので、ご興味のある方は是非読み進めてもらえれば嬉しいです。

 

当記事の執筆者

  • 現役WEBデザイナー
  • WEB制作部署の採用担当をしております。
  • WEBデザイナーを名乗ってますが、基本何でもやってます↓
  • ディレクション、デザイン、コーディング、プログラミング、UX・UI設計、WEBサイト保守運用、紙媒体デザイン

現役デザイナー目線や、採用をする側からの目線も交えて色々書いていきますよ。

 

職業訓練とは

職業訓練とは

職業訓練とは、求職者や転職者に向けた厚生労働省が支援する学校のことです。

 

特徴は、お金をもらいながら勉強ができるということ。
とてもいいですよね。

 

お金をもらえる理由としては、失業保険の制度が絡んできます。
普通、仕事をやめると失業保険を受け取れることがほとんどですが、受け取れる期間は30日〜90日と決まっています。

 

職業訓練は半年とかの期間で行うのですが、その間は失業保険受給が延長されるため、職業訓練中にもお金がもらえるといった感じになるというわけです。

 

職業訓練校は、ハローワーク経由で申込みが可能で、倍率は約2〜4倍ほど。
やはり給料などがない中で勉強する際のお金の心配が減るのは大きいのが人気の理由なのではないでしょうか。

 

ただ、お金がもらえて勉強できるというメリットに惹かれて職業訓練を選択する気持ちはわかりますが、身に付くスキルや制度的に考えて就職を目指している人には手放しでオススメできるものじゃないと思うんですよね...

 

その理由は、続きをご覧ください。

 

就職のためにwebデザインを職業訓練で学ぶのはナシ!理由を解説

就職のためにwebデザインを職業訓練で学ぶのはナシ!理由を解説

 

WEBデザインスキルを身につけて就職したい!と言う人に職業訓練がオススメできない理由はこちら↓

 

WEBデザイナー就職に職業訓練をオススメしない理由

  • 理由①:学習内容が企業が求める最低限の知識やスキルに達していないから
  • 理由②:就職活動と平行するのが難しいから
  • 理由③:就職率が高くないから
  • 理由⑤:自分で学習するクセがつきにくいから

 

理由①:学習内容が企業が求める最低限の知識やスキルに達していないから

 

まず最初にぶっちゃけると、職業訓練で学んだ人のレベルは低いことが多いです。
採用担当として応募していただいた方の書類とポートフォリオ(制作物)を何人も見てきましたが、独学で3ヶ月頑張った人の方が基礎を知っていて良い作品を作るなぁといった感じ。

 

と言うのも、職業訓練ではPhotoshopやIllustratorの基礎的な使い方や、マークアップ言語(HTML、CSS)の初歩レベルなどWEBサイトやチラシの作り方を教えてもらう内容ですが、肝心のデザインの原理原則と言うものをしっかり教えられないんだなといった印象があります。

 

デザインの原理原則とはフォントや余白、文字サイズ、画像の綺麗な比率、色の与えるイメージ、色彩などについて。

 

ここら辺は短期間で学ぶのは難しいですが、少し教えてもらうのと何も教えてもらってないのでは制作物に天と地ほどの差が生まれるんですよね。

 

なので、いくら職業訓練で学んだとしても、制作物を見て微妙な感じがして採用に至らない場合が多いんです...

 

トモキ
正直言うと独学1ヶ月で以下の4冊を読破するだけで、職業訓練を半年通うよりよっぽどいいものが作れると思いますよ。

 

 

 

理由②:就職活動と平行するのが難しいから

 

職業訓練は普通の学校のように、月〜金曜日の朝から夕方まで通うところがほとんどです。
一方、土日祝が休みの企業はもちろん平日しか面接をしません。

 

土日もやってる制作会社ならいいんですが、今どき土日祝休みたいって人はやはり多いでしょうし、企業もそれにつられて土日祝完全休業!みたいにアピールしているところも多いです。

 

と言うことで職業訓練を休んで面接するわけですが、もし面接をたくさん受けるようであれば職業訓練は休んだり早退することになる。
そうすると就活頑張るほどスキルが身に付くスピードも遅くなりますよね。

 

結果、就職活動を頑張るほど、職業訓練で何ヶ月も学んでるのにまだその程度のスキル?みたいな感じになり悪循環になる可能性大です。

 

トモキ
逆に職業訓練中に就活しないで勉強に専念した場合、収入がない中でいつ決まるかわからない就活をすることになるし、職業訓練レベルのスキルでは採用するところも多くないのでこれもオススメしない...

 

 

理由③:就職率が高くないから

 

理由①と理由②で色々書きましたが、職業訓練は就職率が高くないように思います。
なぜなら学習レベルが低いのと、学習時間と採用面接時間が被っているから。

 

他の勉強法である独学やオンラインスクールと違って学べる内容や時間の使い方に柔軟性がないんですよね...

 

 

理由④:自分で学習するクセがつきにくいから

 

実際に職業訓練に通っている人に対して面接で質問させて頂くことも多いのですが、その際に必ず「自分ではどういった学習をして知識を仕入れていますか?」ということを聞いています。

 

その質問に対して、ほぼ全員が「今は職業訓練で勉強しています」と答えます。

 

私が聞きたいのは自主的に勉強していることなので、例えば本やオンラインサービス、youtubeでもなんでもいいのですが何かありますか?と言う質問を再度させて頂くのですが、これに対しての回答は「自主的に勉強はしていない」と言うのが9割でした。

 

職業訓練のように誰かに教えてもらう環境がある場合、それに頼り自分では勉強しなくなるんですよね。
気持ちはわかります。
自分で正解かどうかわからない学習をするより、誰かに教えてもらった方が安心感ありますよね。

 

でもWEB業界というのは日々新技術が生まれるような業界なので、自分でアンテナ張って学んでいく必要があります。
ハングリー精神が必要なんです。
職業訓練ではそんなハングリー精神が育たないのが弱みでもありますよね。

 

 

趣味程度にwebデザインを学びたいなら職業訓練はオススメです

趣味程度にwebデザインを学びたいなら職業訓練はオススメです

 

ここまでで職業訓練について就職を目指すならオススメしないと説明してきましたが、これはあくまで就職を目指している人にとっての話。
職業訓練は趣味程度にWEBデザインを学びたい人にとっては全然アリな制度だと思います。

 

なぜなら、人から教えてもらいながら、お金が手に入るから。

 

普通人から教えてもらうならお金がかかりますよね。
人件費というものがあるので。

 

ただ、職業訓練では逆に学びながらお金がもらえちゃうんです。
これは積極的に利用すべきなのではないでしょうか。

 

ただ、忘れちゃいけないのは、学ぶレベルは低かったり企業に採用されるレベルにはなかなか至らないということ。
つまり、就職はもちろんのこと、WEBデザインを学んだ後にフリーランスとしてお金を稼いでみよう!などと考えるのもオススメしないです。
全然相手にされなかったり、受注したとしてもトラブルのリスク高すぎる...

 

トモキ
そうしたいなら独学でもっと勉強したり、実務経験を積んで対価に見合った価値を提供できるようになりましょう。

 

 

現役採用担当者がWEBデザイン職業訓練者の採用を避ける理由

現役採用担当者がWEBデザイン職業訓練者の採用を避ける理由

 

ここまで何度か書いてきましたが、私は自社の採用担当をしています。
職業訓練在学中や卒業者の応募が半数ほどあるのですが、今までで一人も採用したことがないです。

 

それは、とにかく卒業訓練だからという理由で不採用にしている訳ではありません。
制作物や経歴、面接で話を聞いた上で偏見なく考えて、全て不採用にしてきました。

 

では、どうしてそうなったかの理由を書いていきます。

 

 

理由①:学習期間に対するスキルが低いから

 

いちばんの理由はこれです。
職業訓練を3ヶ月通った人よりも、独学やオンラインスクールで同期間勉強してきた人の方が圧倒的にスキルが高かったです。

 

独学は自分次第なところもありますが、意欲的な人は時間を有効活用してどんどんスキルを高めていきますよね。
また、自分で調べて解決する力がつくので、採用してからも理解力や活躍するスピードが早い傾向にあります。

 

オンラインスクールは安くないお金を払って学んでいる訳ですから、当然意欲的な方が多いです。
スクール側もお金をもらって教える訳ですから、生半可な教材や先生は用意しません。
もし中途半端で対価に見合ってなかったら当然炎上しちゃいますしね...笑

 

採用面接の際はどうしても他の応募者と比較することになりますが、質問に対する回答や制作物をみても、職業訓練利用者はどうしても劣る印象がありました。

 

 

理由②:ポートフォリオを用意していない

 

職業訓練ではポートフォリオの重要性を伝えていないのか、ポートフォリオなしで応募される方が多いです。

 

WEBデザイナーの面接では、今どれくらいのスキルがあるか判断するために、ポートフォリオは必須です。
なぜなら、スキルは口頭で伝えることは不可能であり、判断する方は制作物を見て初めて判断できるから。

 

アドビの資格持ってます!って方でも、制作物見たらひどい感じの方も結構な頻度でいますよ。
業界的に資格とかほんと参考にならないです。
だからポートフォリオが必要なんです。

 

ただ、なぜかポートフォリオなしで応募してくる方が多い。
ポートフォリオなしでは判断ができないのと、当たり前も知らない=初歩的なリサーチ不足ということで、選考基準にも乗らないです。

 

 

理由③:自主的に学習している人が少ない

 

ちょっと上の方でも書きましたが、職業訓練の方は、自分から学習している人が少なかったです。
(全員という訳ではなく、もちろん中には自分でも勉強頑張ってる人もいると思いますよ!)

 

職業訓練は平日朝から夜まで学校に通って人から教わるので疲れますよね。
なので帰ってからは自分の時間として使いたい!って感じで過ごすのもわかります。

 

でもWEBデザイナーとして働く人に求めるのは「自分で調べ解決するスキル」なんですよ。

 

自分で調べないと、今後も成長していかない。
社会人なんていつまでも先生や先輩に教えてもらえるものでもないし、そもそも業界的に自分から学んでいかないと変化に追いついていけない人材になるので。

 

この自分で調べるということが不足している人材が、残念ながら職業訓練利用者には多いんです。

 

 

職業訓練よりオススメのWEBデザイン学習法は?

職業訓練よりオススメのWEBデザイン学習法は?

 

ここからは私が思う、職業訓練よりおすすすめな勉強法をご紹介します。
それは次の2つ。

 

WEBデザインオススメ勉強法

  • 独学
  • オンラインスクール

 

理由はこれまでで少し説明しちゃいましたね。
独学は自分で解決するスキルが身につくのと、時間を有効に使えるから。
オンラインスクールはお金を払うことで対価として見合った情報・サービスを提供されるから。
また、お金を払うことでその分を回収しようと意欲的になるからです。

 

独学に関しては自分で間違った勉強をしてしまったり、だらけてしまったりすること。
オンラインスクールはお金を払ったのにそんなに学ぶ気がなければ無駄になってしまうデメリットもありますが、職業訓練より確実にスキルがつきやすい環境にあると考えます。

 

事実、私が働く会社に応募してくれる方について、職業訓練よりも独学やオンラインスクールを利用している方の方がスキルが高く意欲的な方が多いので。

 

いちばんのオススメはオンラインスクール

 

独学とオンラインスクールをオススメしましたが、やはり一番はオンラインスクールです。

 

独学はお金が書籍代や動画代などしかかからず低予算で学べることや、自分のペースで学習できることがいいですよね。
実際に私も独学で3ヶ月勉強して正社員のWEBデザイナーに転職した過去があります。

 

でも、本当にしんどかった。
朝9時から夜22時までスタバにこもったり家に引きこもってずっと3ヶ月勉強しました。
それでも面接では落ちたこともあったし、自分が今やっている勉強が本当に必要なことなのかずっと不安だったし、質問できる人もいなかったし、とにかく不安な中で全力でやるしかないんですよ。

 

自分は独学でなんとか採用されたり勉強をすべきことを間違えなかったりと、たまたま運が良かっただけなので、本当に就職したいならオンラインスクールで堅実に目指すことをオススメします。

 

オンラインスクールのいいところは、何と言っても「いちばん最初に何を勉強すればいいかいいかを解決してくれる」というところ。
独学で勉強した際の、これでいいのか感を味わうことなくしっかりと学習していけるのがいいですよね。

 

また、スクールによっては就職サポートもあるのが強みです。

 

WEBデザインの面接は普通の営業や事務の面接と違い、専門的なことを聞かれたりポートフォリオを作らなければいけなかったりとなかなか大変。

 

トモキ
僕は独学で勉強して就職したので、ポートフォリオなんて最初は作り方が全くわからず、それでも手探りだったり調べまくったりしてなんとか完成させて面接してました...今見返したら完成度低すぎて恥ずかしくなりすぐ削除しました。

 

そんな初めてのことも相談したり教えてくれたりするので、お金を払ってオンラインスクールを利用する価値は十分にあります。

 

ただ、オンラインスクールも色々あるので、よく吟味が必要。
当ブログでも「無料体験がある」「費用が高すぎない」「就職サポートがある」「受講期間が長すぎない」という抑えるポイントを抑えたオススメを紹介している記事がありますので、よろしければ参考にどうぞ。

 

 

WEBデザインを職業訓練で学ぶかどうかは、就職したいかしたくないかで考えよう

結論としては、職業訓練はメリットもデメリットもあるので、利用するかしないかは就職したいかしたくないかで考えることをオススメします。

 

就職してWEBデザイナーとして働きたい!というかたは、職業訓練は避けた方が良い。
職業訓練をしても、お金がもらえるってだけで、かけた時間のわりに知識はロクにつかないことが多く、逆にマイナス評価になる可能性もある。

 

というか、お金をもらえるっていう点も私はなんだか微妙に思います。
職業訓練中に給付される金額は、元をたどるとやめる前の給料で決まるのですが、だいたい月7万とか10万とかそこらへん。
多くはないです。

 

一方で、職業訓練を選ばずに、自分で独学なりオンラインスクールで学んで早期に就職した場合、失業保険がまとまってもらえる+働けるので現場でのスキルが身につきながら給料がもらえます...!

 

※「失業保険がまとまってもらえる」ということについて、失業保険受給を申請して実際にもらい終わる期間までに企業に採用された場合、そこで受給終了になるわけではなく、もらえた予定の残りの金額の7割だかそこらへんの割合でまとまってもらえます。
私はこれで50万もらうことができました。

 

なので、就職したいなら職業訓練を利用しないほうが良いと思いますよ。

 

ただ一方で、就職はそんなに考えていなく趣味程度でWEBデザインを学んだりという感じであれば職業訓練をオススメします。

 

以上。

 

 

-デザイン関連
-